中小企業や個人事業主の事業資金調達

subpage1

小規模の会社を経営されている方や個人事業を営んでいる方の中には、売り上げを増やすために新規のクライアントを開拓することに日々力を注いでいる場合も多いです。

ファクタリングについて悩んでいませんか。

しかし、現実には顧客獲得以上に注意を払わないといけない重要なポイントがあります。

それは事業資金の確保です。

事業資金というと事業発展のための投資資金というイメージを持つ方も多いですが、それだけではありません。従業員に対する給料や取引先への日々の支払いも事業資金の一種。
運転資金が枯渇すると、給料不払いや取引先への支払い遅延が生じて事業を継続できなくなるおそれがあります。
信用力のある大企業の場合には資金調達にさまざまな手法を採ることができます。



銀行からの借り入れの他、増資や社債発行によっても資金調達を図ることができます。しかし信用力の低い企業や個人事業主ではそうはいきません。


中小企業や個人事業主が資金調達の必要性に迫られた場合、まず検討するのが銀行からの借り入れでしょう。



しかし信用力の低い企業に対する銀行の評価は一般に厳しく、メインバンクといえどもそう簡単には貸してくれません。また融資を受ける際の審査に時間がかかり、すぐにまとまった額の資金が必要な場合には間に合わないことも考えられます。


銀行からの融資が受けにくい場合、あるいは、すぐに資金が必要な場合にはビジネスローンの利用を検討してみましょう。
ビジネスローンでは担保や保証人が不要であることが多いため、信用力の低い事業主であっても比較的容易に資金を調達することができます。ただし、ビジネスローンの欠点は金利が高いこと。銀行からの借り入れと比べると年利で数%以上高くなることが普通です。

そのためビジネスローンで借り入れた資金については、銀行などからの融資よりも返済を優先し、借り入れ期間をできるだけ短期間に抑えることが重要になります。